介護関連住宅改修

>>高齢者障害をお持ちの方の住宅改修・基本的な考え方
>>介護関連住宅改修実例
>>高齢者対応工事実例


高齢者等への配慮に関する評価基準
2000年4月から施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(住宅品確法)では、「日本住宅性能表示基準」が設けられており、そのなかの一つ、「高齢者等への配慮に関すること」(高齢者等配慮対策等級1〜5)が定められております。

介護保険制度における居宅介護住宅改修費等の支給に係る住宅改修
2006年4月より介護保険制度も改正されましたが、住宅改修費等の支給については、要支援1・2、要介護1〜5、いずれも支給されます。
次の6項目につき提出する書類、写真等を揃えます。(手続等については、弊社で行いますので、ご安心ください)
1.手すりの取付け
2.段差の解消
3.滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更
4.引戸等への扉の取替え
5.洋式便器等への便器の取替え
6.その他各住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

障害者の方々への住宅改修等
地域により助成の仕方等が異なります。また障害部位により、対応が異なります。弊社では、一緒になって考え、対応策を講じます。ご相談下さい。



玄関上がりかまち
●古い戸建住宅は300mm程度の段差がある

 対応・・・
 1)土間のかさ上げ
 2)段差解消機
 3)ベンチの設置・工夫
 4)式台の設置
 5)簡易スロープ( 車いす )

●比較的新しい戸建住宅は180mm程度の段差

 対応・・・
 健常高齢者であれば上がりかまち際の壁面に
 縦手すり1本あれば昇降は容易
 手すり設置の例を参照
 手すりは直径32〜36mm程度


出入口
敷居段差は解消する
「すのこ」対応
3枚引戸が望ましい
浴槽
出入り、姿勢保持に容易な浴槽は和洋折衷式
外形寸法・・・ 1,000〜1,400mm程度
(高齢者、障害者は1,100〜1,300mm程度)
横幅・・・ 700〜800mm程度
深さ・・・ 500〜550mm程度
浴槽縁高さ(洗い場床面より)・・・ 400〜450mm程度
手すり
1) 浴室出入り用縦手すり
2) 洗い場移動用横手すり
3)洗い場立ち座り用縦手すり
4) 浴槽出入用縦手すり
5) 浴槽内での立ち座り、姿勢保持用のL型手すり
 ※ 使用者にとってどれが重要かを確認する
 手すりの直径は28〜32mm程度
水栓金具
レバー式水栓金具



出入り口
引戸が望ましい
やむを得ない場合は外開きの開き戸とする

手すり
1)立ち座り用の縦手すり
2) 座位保持用の横手すり
3)双方合わせたL型手すり
 ※ 手すりは直径28〜32mm程度

手すり位置
左下図のように、手すりは便器の中心線から左右に350mm振り分けた位置
(手すりの芯―芯で700mm)で左右対称の位置
L型手すりの位置は右下図参照



調理機器
高さ・・・800mm、850mm、900mm
足元の台輪( 100mm程度 )である程度の高さ調整行う

サポートバー
歩行困難、立位姿勢がつらい方

シンク
シンクの深さは通常180〜200mm程度
車椅子対応型キッチンはシンクの深さが120〜150mm程度と浅く、膝が入れやすくなっている。

コンロ
五徳の突出がないIHヒーターや、五徳の突出分だけ段落ちしたガスコンロを採用すると、鍋の滑らし移動が容易になる。


>>高齢者障害をお持ちの方の住宅改修・基本的な考え方
>>介護関連住宅改修実例
>>高齢者対応工事実例

↑TOPへ